タバコの焦げ跡

車でタバコを吸って臭いがついてしまうと査定は減額されます。

ニオイだけならまだしも、車の天井にヤニがついてしまうとクリーニングをしなければならないので査定額はさらに減額されます。

さらに、タバコの焦げで穴が開いてしまったら更に下がります。

喫煙者からしてみれば、なんでと思うかもしれませんが、禁煙者の方はニオイにはかなり敏感なのでニオイがあるだけで車を避ける傾向にあります。購入者が減れば査定額も下がりますし、購入金額も安くなります。

逆に言えば喫煙者なら中古車を安く購入できるチャンスにはなりますが・・・

今回は、タバコの焦げ跡はどう隠す?車売却査定時の悪影響を少しでも防ぐ方法についての調べて記事を書きました。

車内のタバコのニオイだけで査定額は下がる基準

最近ではレストランでも分煙化が進んでいますが、喫煙者の方は大変肩身の狭い思いをされているかもしれません。

車も同様で、喫煙された車を非喫煙者は好みません。禁煙車なら非喫煙者、喫煙者の両方が買う機会があるので査定額は下がりませんが、喫煙車の場合は禁煙者はさける傾向があるので査定額も売値もさがります。

車査定の基準となる、一般財団法人 日本自動車査定協会の中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕によると、標準状態が「内装は規定のものであり、破損、汚れ、シミ等のないこと」とされており、ニオイや焦げ穴などは減点の対象となります。

例えば、異臭(タバコ、ペット、芳香剤等)の場合は、40点減点なります。

穴になると修理が必要な1cm未満(ビス穴、タバコ焦げ跡やこげ穴、破れ、ほころびなど)の穴が2個以内なら10点減点、交換が必要になる1cm以上の穴なら1個以上又は1cm未満の穴でも3個以上ならさらに減点されるのですが、場所によって細かい減点規定があります。

布シートよりも皮シートの方がより減点されます。

車を高く売りたいなら普段から車内ではタバコを吸わないように心がけたいですね。穴が開いている状態よりもニオイの方が減点が多いのは意外でした。

においを消す商品も進化はしてきた

においを消す商品は最近進化してきました。

使うタイプもいろいろあり

  • スプレータイプのもの
  • 置くだけタイプのもの
  • 霧のようにミストで車内のニオイを取るもの

などがあります。

置くだけタイプのものは芳香剤のように常時置いておくタイプのもので、その他は掃除するようにその都度使っていくタイプのものになります。

またスプレータイプのもので業務用で強力なのに天然成分で安心なものでも個人で買えるようになりました。

商品はいろいろありますのでネットの口コミで買うかどうか判断しましょう。しかし注意しなければならないことは一点あります。

芳香剤や香料のある香りでごまかすような商品は選ばない事です。

芳香剤や香料で消すタイプのものは臭いにおいと混じってかえってくさくなります。必ず無香料タイプのものを選びましょう。

また簡単的な消臭なら、カー用品店でも行っています。

オートバックスで500円のワンコイン消臭をしているのでこのようなサービスを使ってみてもいいかもしれません。

このような簡易消臭でニオイが取れない場合は、どうしてもニオイを取りたい方はプロショップでのルームクリーニングが必要になります。車の大きさより価格は異なりますがプロショップだと3万~6万円程度が目安になります。

ルームクリーニングは一見簡単にできそうですが、スチームクリーナーや専門の水を吸うクリーナーが必要になるので、なかなか個人ではできないですね。

シートの焦げを素人でも修理できるのか・・・

ファブリックのような布製のシートなら素人でも器用な人なら修理することは可能です。

修理といえば聞こえはいいですが、要は目立たなくするというものです。

手順は

  1. シートの焦げをカッターなどで削る
  2. ワイヤーブラシなどで目立たないところから繊維を集める
  3. ボンドで焦げた部分に貼っていく

繊維が取れないタイプのものは似たような記事を買って張るしかしないし、色が合わなかったらさらに近い色でペイントしていくしかありません。

タバコの焦げの場合は少なくとも焦げの部分をカットしなければならないので、不器用な人がやろうとすると収拾がつかなくなることもありますので注意です。

車内装補修キットというものも売られています。

内装補修キット

画像引用元:RepairPlus1公式ページ

アマゾンで同商品は購入することができますが、自分でできる人には評価いい反面、難しいと言う理由も評価されないていない現状があります。

さらに革補修キットもありますが、樹脂を溶かして切れているところを埋めるのでさらに難易度は高いものとなっています。

シートの焦げを修理してくれる業者もいる

トータルリペアのようなシートの穴などを補修してくれる業者もあります。

メールで画像を添付すれば価格を見積もってくれる店舗もありますので価格が気になる方は相談されると良いと思います。

内装補修

画像引用元:トータルリペア公式ページ

この仕上がり具合なら、何かを引っかけて穴をあけてしまった場合などにも、お世話になりたくなります。

売る時にこげの修理をするべきか?

1センチ以下の穴なら2ヶ所以内なら査定額はそんなに下がりませんが、1センチを超えたり、1センチ未満でも3ヶ所を超えると大きく査定額は下がります。

そのような状況で修理をすべきか、しないべきかを考えるかと思います。

私の修理するかどうかの判断基準は、今売られている中古車の価格を見て、ある程度の査定額が期待できるならなおすこともあります。

修理の見積もりをして、それよりも上がる可能性があるなら修理をします。

車の売価が50万円以下なら絶対に修理はしませんね。

このように修理価格と査定予想価格のバランスを見て修理をするかどうかを考えます。

まとめ

  • 中古自動車査定基準及び細則〔Ⅰ〕によると異臭(タバコ、ペット、芳香剤等)の場合は、40点減点、修理が必要な1cm未満の穴が2個以内なら10点減点、交換が必要になる1cm以上の穴なら1個以上又は1cm未満の穴でも3個以上ならさらに減点される。
  • 消臭剤でニオイを取りたいなら無香料タイプのものを選ぶべき。
  • ニオイはカー用品店でワンコインで済む簡易的なものもあるが、プロショップ(価格2万~5万)で行う本格的なものもある。
  • 布シートよりも皮シートの方が減点される。
  • 素人でもできるシート破れのやり方は、シートの焦げをカッターなどで削る、ワイヤーブラシなどで目立たないところから繊維を集める、ボンドで焦げた部分に貼っていく
  • ファブリックのような布製のシートなら素人でも器用な人なら修理することは可能。修理といえば聞こえはいいが、要は目立たなくするもの。
  • 内装修理キットは発売されているが、色合わせが難しく賛否両論、さらに革の内装修理はかなり難易度が高い。
  • トータルリペアのように内装を修理してくる業者もある。
  • 査定前に修理するかどうかは、修理価格と中古車からの査定予想価格のバランスを見て修理をするかどうかを考えるべき。

【大損注意】タバコの焦げ跡はどう隠す?車売却査定時の悪影響を少しでも防ぐ方法はいかがでしたか?

1センチ以下の小さな焦げ穴2つまでなら、喫煙のニオイがついている車よりも減点されないのはいがいでしたね。

私の修理するかどうかの判断基準は、「今売られている中古車の価格を見て、ある程度の査定額が期待できるなら修理する」というものです。

修理するかをずっと悩んでいるなら、査定の減額を考えるよりも、車を買い取りたい業者を複数集め、競わせ査定額を上げさせる方が一番効率がいいと思います。そんな時に便利なのが「かんたん車査定」です。