違法改造車の買い取りや下取り調査

ついつい車をいじってしまう、男性でも女性でも車が好きならよくあることです。

しかし気が付かないうちに車検が通らないような改造をしてしまうこともあるかも知れません。

問題は、そのような車検を通らないような違法改造車の場合、売ることはできるのでしょうか?と疑問に思う事もあるかもしれません。

今回は、車検すら通らない違法改造車は買取・下取りNGかどうかを調べてみました。

違法改造車とカスタムカーの違い

カスタムカー(改造車あるいはカスタマイズカー)というのは、標準状態の車から何かしら手を加えてある車です。たとえばエアロという空力パーツをつけたり、マフラーを変えたりしているような車でもカスタムカーになります。

走行性能を良くするために改造した車はチューニングカーという名称でカスタムカーとは区別されています。

最近では、自動車メーカーでもベース車両の走行性能をよくしたチューニングカーをあらかじめ改造したコンプリートカーとして販売しており、一例をあげると

  • トヨタはGRMN
  • 日産はNISMO
  • スバルはSTI

などがあります。

違法改造車とは、標準状態の車に手を加えること自体は、カスタムカーと同じですが、そのままの状態では車検に通らない状態の車で、警察にみつかると検挙されるような車になります。

違法改造車は車検に通らない車なので

  • 道路交通法などの保安基準に適合しない改造
  • 車検証の内容と異なる状態の改造

をしている車になります。

このような改造をしているかしていないかでカスタムカーと違法改造車と区別されています。

カスタムカーの高額売却は可能か

最近は、カスタムカーも査定金額に上乗せしてくれるケースもあります。

しかし、カスタム費用に見合うだけ査定額が上がらないケースもあるのも事実です。

また、査定の金額は標準状態の車での業者オークションの取引額の平均が元になっています。

標準状態の車からかなり改造しているようなカスタムカーは、買取業者によっては価値が分からず安く査定されてしまい適正な査定額がでないケースがあります。

なので、カスタムカーの場合はたくさんの買取業者からの査定を受けるべきです。

自分で手を加えたカスタムカーよりも自動車メーカーが販売しているコンプリートカーの方は高額で査定されることは多い(特に限定販売数のあるもの)です。

そのようなコンプリートカーは、なるだけ多くの買取店で査定してもらい競合させることで買い取り額をもっとあげることも可能です。

車検の通らない違法改造車の買取は・・・

車検の通らない違法改造の場合は、カーディーラーでの下取りはしてくれないでしょう。

そもそも違法改造をしている時点でディラーに入ることを拒否するディラーもあるくらいですから。

買取店の場合は、査定額も出してくれますし、買取もしてくれます。

しかし車検に通らない違法改造車の場合は、車検に通る車の状況に戻さないと販売できないので、その分査定額が下がります。

違法改造車の一例

以下は違法の改造になりますが、気を付けてないと知らないうちに違法改造をしている場合もありますので注意が必要です。

  • マフラーを交換し、マフラーの音量が規制値を超えたり、排気ガス基準をクリアできない状態
  • サスペンションの交換や切断で最低地上高が9cm以下
  • 歩行者を傷つける恐れのある突起物を装備したり、車両からタイヤがはみ出た状態
  • ホーンの音量が基準の115dBを超える音量
  • 車のフロント、運転席、助手席のガラスにスモークフィルムを貼り付け、透過率70%を確保できない状態
  • ナンバープレートを瞬時に視認できないように改造
  • 車検証に記載された数値より大きい排気量のエンジンに換装後、構造変更検査など受けない

などがあります。

万が一車検に対応しない改造をしていると気が付いた場合は、査定もマイナス査定になりますので車検対応品にもどしておきましょう。

カスタムカー査定時にチェックされるポイント

自分で改造したカスタムカーの場合は、以下のものがついていれば査定額が上乗せされるケースもあります。

  • フルエアロ
  • マフラー
  • サスペンション
  • カーナビ

などです。

ただし、査定が付きやすい条件はフルエアロなら純正品だったり、後付けのパーツのメーカーを統一したり、カーナビなら最新モデルなどの条件なら上乗せ査定される可能性もあります。

カスタムカーの場合は、査定金額が買取店によって評価が割れるので多くの買取店から査定を受けることをおすすめします。

かなり高額なパーツをつけている場合、査定時にこのパーツを付けた場合と付けない場合で査定額を聞いてみるのもいいですね。交渉次第で純正パーツと無料で交換してもらうことも可能です。

改造車を高く売るためのコツ

改造車に限らず、車を高く売るためのコツを紹介します。

  • 洗車と清掃
  • メンテナンスなどの記録
  • 高く査定されやすい時期

洗車と清掃

洗車や清掃で車内外をきれいにしましょう。査定額をあげるというより査定業者の心象をよくして大目にみてもらうことが目的です。

小さな傷やヘコミは修理せずそのまま査定にだしましょう。修理しないのは修理代が査定額にほとんど反映されないからです。

メンテナンスなどの記録

車を丁寧に使い、定期的にメンテナンスをしていれば車は高く評価されます。メンテナンスの記録は「整備記録簿」にされますので、あれば査定額が高くつきます。

新車購入から5年あるいは走行距離100,000キロ以下の場合は「メーカ保証」が受けれれるケースがあるので「メーカー保証書」があれば査定も高くなります。

「メーカー保証書」は中古車では再発行できないので、査定前に見つからない場合はディラーに問い合わせしましょう。

高く査定されやすい時期

車のタイプによって高く査定されやすい時期があります。それは時期によってそのようなタイプを希望する人が増えるからです。

  • 春⇒オープンカー
  • 夏⇒SUV、ワンボックスなど
  • 冬⇒4WD、RVなど

春は風が心地よく、オープン全開で走りたくなのるで春はオープンカーの購入しやすい時期です。夏は家族でレジャーに行きたくなるのでSUVやワンボックスの需要が増えます。冬は、雪の降る地域で4WDやRVの需要が高まるので査定額もあがります。

逆に言うと、冬にオープンカーをあまり買う需要はないので、中古車で買う場合はとお得になります。

自分で改造パーツを外すことが可能なら…

自分で手を加えたカスタムカーの場合、査定額が上がる場合もあります。

しかし、パーツ代ほど査定額が増えない事も多いです。

改造車は人によって好まれることもあります。しかし買い手のイメージによっては、改造車は乗り方も荒いイメージあったり、ノーマルを買って自分好みに改造したいと思う方も多いでしょう。

そう考えるとやはりノーマルの状態の車両の方が好まれる傾向なのもご理解いただけると思います。

できることなら自分で純正に戻して、社外品はヤフオクやメルカリで個人売買した方が高く売れることの方が多いです。

かなり高額なパーツをつけている場合、査定時にこのパーツを付けた場合と付けない場合で査定額を聞いてみましょう。交渉次第で純正パーツと無料で交換してもらうことも可能です。

まとめ

  • カスタムカー(改造車あるいはカスタマイズカー)というのは、標準状態の車から何かしら手を加えてある車
  • 違法改造車とは、標準状態の車に手を加えること自体は、カスタムカーと同じですが、そのままの状態では車検に通らない状態の車で、警察にみつかると検挙されるような車
  • 自分で手を加えたカスタムカーよりも自動車メーカーが販売しているコンプリートカーの方は高額で査定される
  • 車検の通らない違法改造の場合は、カーディーラーでの入庫禁止で、下取りはしてくれない。
  • 買取店は、違法車両の査定額も出すし、買取もするが車検に通る車の状況に戻さないと販売できないので、その分査定額が下がる。
  • カスタマイズが知らないうちに違法改造をしている場合もあるので注意が必要。
  • 車検に対応しない改造をしていると気が付いた場合は、査定もマイナス査定になりますので車検対応品にもどそう。
  • 査定が付きやすい条件はフルエアロなら純正品だったり、後付けのパーツのメーカーを統一したり、カーナビなら最新モデルなどの条件なら上乗せ査定される可能性もある。
  • 査定前は、洗車や清掃で車内外をきれいに、査定額をあげるというより査定業者の心象をよくして大目にみてもらうことが目的。
  • メンテナンスの記録は「整備記録簿」にされますので、あれば査定額が高くつく
  • 新車購入から5年あるいは走行距離100,000キロ以下の場合は「メーカ保証」が受けれれるケースがあるので「メーカー保証書」があれば査定も高く
  • 春はオープンカー、夏はSUV、ワンボックスなど、冬は4WD、RVなどの需要が増えるのでその前は査定額はあがる。
  • 社外品は自分で純正に戻して、社ヤフオクやメルカリで個人売買した方が高く売れることの方が多い。

車検すら通らない違法改造車は買取・下取りNG?需要を調べてみた。はいかがでしたか?

まず違法車両自体が危ないし、見つかれば警察に検挙されますので、気が付いたら純正に戻しましょう。

違法車両はディラーの入庫NGだし、査定額も大きく下げる原因となりますので、全くいいこともありません。

査定の金額は標準状態の車での業者オークションの取引額の平均が元になっており標準状態の車からかなり改造しているようなカスタムカーは、買取業者によっては価値が分からず安く査定されてしまい適正な査定額がでないケースがあります。

カスタムカーの場合は適正な査定額を出すためにも、たくさんの買取業者からの査定を受けるべきです。

自動車メーカーが販売しているコンプリートカーは高く査定されるケースが多いです。そのようなコンプリートカーは、なるだけ多くの買取店で査定してもらい競合させることで買い取り額をもっとあげることができます。