走行距離10万キロ超えの車

日本では、走行距離が10万キロを超えると「メンテナンスが増える=故障が増える」と思う方が多く10万キロを超える車は寿命という考え方が根付いているような気がします。

一方で文化の違う海外では、車がメンテンナンスをして乗るのがあたり前の文化なのでメンテナンスをきちんとして20~30万キロでも平気で乗られています。

日本の中古車の価格を見ても、走行距離の目安としては5万キロ、10万キロを境に価格は大きく下がります。

では10万キロを超える車は全く価値のないものなのでしょうか?

今回は、走行距離10万キロ超えは査定額0円?少しでも高く売るための具体的な方法について調べましたので、ご覧になってください。

10キロを境に寿命の部品がでてくる

日本車の場合は、1から2回目の車検くらいまでなら、走行距離が10万キロを超えることも少なく、ほぼノーメンテナンスで大丈夫です。

ところが10万キロを超えると寿命になる高額な部品が出てきます。

  • タイミングベルト
  • ドライブシャフトブーツ
  • 燃料フィルター
  • オルタネーター
  • ラジエーターホース
  • クラッチ(AT以外)

など、かなり個体差はありますが使用状況によっては10万キロでも加速しにくくなる、バックに入らなくなるなどの症状でATトランスミッションを交換することもあるそうです。

このように寿命により交換する部分もでてきますし、車検時の見積もりでその他にもガタが来ている部分を交換すると高額になり車を手放すと決心される方も多いようです。

また新車時に高級車と言われていた車両でも、低年式の中古車だと格安なので、購入後に修理代が高額で維持できないケースもあるそうです。

10万キロの車に全く価値がないのか?

では10万キロの車には全く価値がないのでしょうか?

確かに中古車の価格は10万キロを超えると激安になります。

中古車の価格が激安だからと思っていると査定時に確実に買いたたかれます。

実際にガリバー公式サイトに買取相場情報が載っていますので一例を紹介します。

クラウン

新車時の車両価格が400万円を超えるクラウンですが、10年10万キロを超えても査定額は0円にはなりません。モデルとしての人気はロイヤルよりもアスリートの方が人気があるようです。

車種 年式 走行距離 査定時期 査定額
クラウン アスリート パール 2005年式 10万km 2018年3月 20.0万円
クラウン アスリート パール 2005年式 10万km 2018年6月 8.1万円
クラウン アスリートi-Four パール 2004年式 10万km 2018年7月 33.8万円
クラウン ロイヤルサルーンi-Four シルバー 2010年式 10万km 2018年7月 55.6万円
クラウン ロイヤルサルーンG パール 2006年式 10万km 2018年8月 12.5万円

データ引用元:ガリバー公式サイト

フィット

新車価格が2006年の1.3Aで120万ほど2008年のRSで160万ほどです。新車価格がクラウンよりも安いので査定額も安めですが、新車価格の割合からすると、そんなに安い気もしません。10万キロを超えても0円にはなりませんが、10万キロ+10年を超えると5万円以下の査定額になってしまいます。

車種 年式 走行距離 査定時期 査定額
フィット G 2010年式 10万km 2018年5月 5.8万円
フィット 1.3A 2006年式 10万km 2018年7月 5万円以下
フィット スポーティエディション 2010年式 10万km 2018年6月 6.2万円
フィット G・スマートセレクション 2011年式 10万km 2018年7月 13.4万円
フィット RS 2008年式 10万km 2018年5月 5.8万円

データ引用元:ガリバー公式サイト

同モデルの中古車の価格と比較してみる

査定額と実際に販売されている中古車の本体価格と比較してみます。

2005年式 クラウンアスリート 10万キロ

ガリバーの方では修復歴がわからないのと、走行距離が10万キロだったので2005年の年式で走行距離10万~11万以下で検索してみました。(2018年9月現在の価格)

クラウンアスリート中古車価格

画像引用元:グーネット公式サイト

2005年アスリート 10万キロはガリバーの査定額だと8.1万~20万でしたが、上記の本体価格ならメンテナンス費や店舗費用を考えると妥当な金額だと思います。

中古車の本体価格の最安値は25万で、最高額は改造車で本体価格が100万円を超えるものもありました。

中古車としての車両本体価格が査定額よりも高いことは、買取が仕入れなので商売としては普通の感覚ですね。

最も安い中古車の車両本体価格は、買取査定の目安にはなりますね。

2010年式 フィットG 10万キロの中古車価格

クラウン同様、ガリバーの方では修復歴がわからないのと、走行距離が10万キロだったので2010年式で走行距離10万~11万以下で検索してみました。(2018年9月現在の価格)

フィットの中古車価格

画像引用元:グーネット公式サイト

2010年フィットG 10万キロはガリバーの査定額だと5.8万円でしたが、中古車価格の車両本体価格の最安値は17.7万円、最高値はディラー車の48万円でした。

車両本体価格がほぼ0円の中古車もある

意外に思うかもしれませんが、車両本体価格がほぼ0円の中古車もあります。

ほぼ0円の車両本体価格でなんで利益が出るかというと、それは中古車の支払価格(販売価格)にはカラクリがあるからです。

車両本体価格0円中古車

画像引用元:グーネット公式サイト

中古車の支払い金額は、車両本体価格と預り法定費用(いわゆる税金)と手続き代行費用の合計となります。

上記の中古車の場合は車両本体は1000円ですが、手続き代行費用の上乗せで中古車販売店の利益を保っています。

上記の車で支払総額が異なるのは、税金の関係で販売価格に差が出ていることになります。

中古車でどうやって利益をだすかは、その販売店の考え方しだいになりますね。

どんな中古車を買いたいか?どんな中古車販売店から買いたいか?

例えば10万キロの激安中古車を購入する場合、どのような状態の車を買いたいですか?

私だったら10万キロの車を購入するなら、車の状態なら外装、内装のチェック、エンジン音チェックはもちろんのこと

  • 修復歴なし
  • 10万キロで故障しうる部分がどれだけ修理されているか
  • オイル交換などメンテナンスはマメにされているか
  • バッテリーの交換日
  • タイヤの山の残量
  • 高額車両なら前オーナーが法人名義かどうか(車両がディラーによるメンテで扱い状態がいいものが多いから)

購入後に修理をする可能性がどれだけ低くできるかを考えます。

欲をいえば第三者機関からの鑑定があるかもチェックします。

中古車販売店に関して言えば

  • 無理やり売りつけない(今日契約すれば安いとか・・・)
  • 販売店の利益となる手数料が良心的
  • 保証がある
  • メールや見積もりの対応が早いか

これらを販売店に求めますね。

中古車はクーリングオフ対象外なので慎重な契約が必要です。

安く買いたい(買取価格を高くしたい)ので中古車屋に直接下取りにもだしません。必ず一括査定を使います。

どうしたら中古車を高く売れるか?

どんな中古車を欲しいかにも書きましたが、購入後どれだけ故障の可能性が低いかを考えるので、ふだんからきちんとメンテナンスをする事とメンテナンスに関する記録簿があることは必須です。

タイミングベルトやオルタネーターなど交換したら記録簿にかかれれば、その分販売店のメンテナンスも必要なくなるので、通常査定額はあがります。

中古車の購入者からすると、なんといっても純正が万人に受けます。純正に戻せるものは極力戻しましょう。

もどした社外品はヤフオクやメルカリで出品した方が車にそのままつけたよりも高く売れるケースがあります。

査定をするなら社外品を付けた場合とつけない場合両方の価格を提示してもらった方がいいでしょう。

査定額を下げない為に、車内の清掃、テープや粘着剤は剥がす、査定士の心象を上げるために洗車をしておきましょう。

洗車と車内清掃については、別に記事を書いてますので参考にしてください。

「もしかして無駄?」車を売る前に洗車をすべきか問題【車内清掃も】

もし仮に車両に不具合があれば査定時に伝えておきましょう。

しかし、これらのことをするのも大事ですが、「かんたん車査定」のような一括査定なら査定士同士を競わせることで最も査定額を上げることができます。

査定額0円はありえない

どんな状態の車でも査定額0円ということはありません。というのは車は輸出することもできますし、部品取り車として利用することができるからです。

最近では不要車1万円で引き取りますなどとガソリンスタンドに書いてあるのをみかけました。

ディラーの下取りでも新車を購入してくれるのなら、0円の価値でも査定額をつけます。

ふだん何気なく日本車に乗っていますが、日本車はとても頑丈なので海外にも人気があります。

なので査定額0円はありえません。一括査定を使い競合させることで査定額をさらに上げましょう。

まとめ

  • 中古車の価格を見ても、走行距離の目安としては5万キロ、10万キロを境に価格は大きく下がる。
  • 10万キロの走行車は、寿命になる高額な部品が出てきます。タイミングベルト、ドライブシャフトブーツ、燃料フィルター、オルタネーター、ラジエーターホース、クラッチ(AT以外)など。
  • 10万キロを超える頃になると高額な部品の他にもガタがでてくるので、車検見積りが高額となり手放す原因の一つになっている。
  • 新車時に高級車と言われていた車両でも、低年式の中古車だと格安なので、購入後に修理代が高額で維持できないケースもある。
  • 同じ年式で最も安い中古車の車両本体価格は、買取査定の目安になる。
  • 中古車の支払い金額は、車両本体価格と預り法定費用(いわゆる税金)と手続き代行費用の合計
  • 中古車販売店によっては中古車の車両価格を1000円にして、代行費用を高くして利益を上げる方法もある。
  • 中古車を高く買い取ってもらう方法は、メンテをきちんとして記録簿につける、純正戻し、車内清掃と洗車、不具合は素直に申し出ること、一括査定を利用すること。