アプリを使ったタクシーの配車サービスがどんどん進化しています。文字通り、スマホのアプリをつかってタクシーを呼ぶサービスのことなのですが、

  • 終電後になかなかタクシーがつかまらない
  • タクシー乗り場に長い列ができてる
  • 急にタクシーに乗らないといけなくなった

なんていう時にとても便利なものがタクシーの配車サービスアプリです。現在の日本では、

  • MOV(DeNAが運営)
  • JapanTaxi(日本交通の関連会社)
  • S.RIDE(ソニー系みんなのタクシー)
  • DiDi(ソフトバンクが支援する中国系企業)
  • Uber(アメリカ企業)

などの配車サービスアプリがあります。その中で、いちばん使いやすいと言われてるのが、DeNAが運営しているMOVです。昨年、「0円タクシー」で有名になって利用者がどんどん増えてきています。

そこで、MOVについて、予約やクーポンの取得方法などを紹介します。

MOVとは?

MOVは、DeNAが運営してる配車アプリで、そのAIの技術の高さから次世代型配車アプリと呼ばれています。2017年9月に、横浜市でタクベルという名前で実用実験が始まりました。その後、改良を加えて、MOVとして2018年4月から正式に実用が開始されました。

初めは神奈川県だけでしたが、現在では、

  • 東京都23区
  • 東京都武蔵野市
  • 東京都三鷹市
  • 神奈川県(一部地域を除く)
  • 京都府(一部地域を除く)
  • 大阪府(一部地域を除く)

まで提供エリアが広がっています。2019年の秋には兵庫県でもサービスが開始されるということで、今後、どんどんと提供エリアが広がっていくと思われます。

配車アプリって何?

では、実際に配車アプリとはどういうものかというと、カンタンに言えば、タクシー会社とあなたをマッチングさせてくれるアプリです。

例えば、ある場所でタクシーに乗りたいと思ったら、普通の場合、

  1. 空車のタクシーを見つける
  2. いなければ、タクシー会社の電話番号を探す
  3. タクシー会社に電話をする
  4. 現在地を口頭で教える
  5. タクシーを待つ
  6. やってきたタクシーに乗る

というパターンになるはずです。電話ではなくて、検索したタクシー会社のHPでも配車を要望することができるタクシー会社もあります。

配車アプリMOVは、上記の2番から4番までをアプリの中で伝えることができます。なおかつ1社だけではなくて数社のタクシー会社の中で一番近くにいる空車のタクシーを呼び寄せることができます。

つまり、タクシーに乗りたいときには、アプリを立ち上げて乗る場所をタップして「タクシーを呼ぶ」というボタンをタップするだけです。わざわざ電話して、あなたが今いる場所を5分くらいかかって詳しく説明しなくても、わずか30秒ほどで呼べてしまいます。もちろん、空車があればすぐにタクシーが来て乗ることができるので、とても楽です。

なので、タクシー乗り場に人がたくさん並んでいたり、終電を逃してしまってタクシーを探さないといけない時にとても便利です。迎車料金は310円程度(タクシー会社によって違う)かかりますが、素早く空車のタクシーを見つけることができるので、とても多くの人に喜ばれています。

MOVの提供エリアの提携タクシー会社

MOVは、タクシー会社とあなたをマッチングしてくれるサービスですので、地域によって提携してるタクシー会社が違ってきます。

東京都

  • 荏原交通株式会社
  • 東都自動車株式会社
  • 日の丸自動車グループ
  • 平和交通羽田株式会社
  • 平和自動車交通株式会社
  • 第一交通産業グループ

神奈川県

  • アイ株式会社
  • 国際交通株式会社
  • 東栄興業株式会社
  • アサヒタクシー株式会社
  • 三ツ境交通有限会社
  • 東宝タクシー株式会社 他

全部で82社のタクシー会社と提携していますので、安心です。

京都府

  • アオイグループ
  • ぞうさんタクシー
  • 帝産京都自動車株式会社
  • 比叡タクシー株式会社
  • 都タクシーグループ

大阪府

  • 株式会社国際興業大阪
  • 近鉄タクシー株式会社
  • 新大阪タクシー株式会社

これからどんどん増えていくと思います。もちろん、他の配車アプリとは違う会社が多いですし、かぶってる会社もあります。

MOVの支払方法は2通り

料金の支払い方法は、

  • ネット決済
  • 車内決済

の二つを選べます。

ネット決済とは?

ネット決済とは、事前にクレジットカードを登録しておくことで、降りる時に現金を支払ったりお釣りやレシートを受け取ったりする必要がないことです。もちろん、領収書はいつでもアプリから発行できます。

使用できるクレジットカードは

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • Discover

になります。プリペイドカードやデビットカードは登録不可です。

車内決済とは?

車内決済とは、今まで同じ支払方法でタクシー会社によって違ってきます。現金とか、カード支払いなどです。車内決済で配車を依頼したら、後からネット決済に変更することはできません。

MOVでタクシーの予約はできない!

MOVはとても便利なサービスですが、今のところ配車の予約はできません。リアルタイムでタクシーを呼ぶだけになります。なので、「明日の朝6時に来てください」などのタクシーを予約する時には、タクシー会社に連絡する必要があります。

今のところ、配車予約可能な配車アプリは、JapanTaxiだけになっています。MOVでもいずれ、実績がたまっていけば配車予約の機能も新たにつけてくれるのではないかと思います。

MOVタクシーアプリの使い方

MOVアプリのインストール

MOVを使うには、まずアプリのインストールが必要です。コチラのMOV公式ページからダウンロードすることができますし、App StoreやGoogle Playで「MOV」と検索すればダウンロードできます。

通常のアプリと同じようにダウンロードしてインストールしましょう。もちろん、無料でできます。

MOVアプリの使い方

アプリを起動すると、マップが表示されます。

  1. 乗る場所をタップしてピンを立てる
  2. 「ここで乗る」をタップ
  3. 行先をタップする
  4. 「ここで降りる」をタップ
  5. 到着の大体の目安、料金が表示
  6. 「ネット決済」「車内決済」を選択
  7. クーポンをセット(ネット決済のみ)ね
  8. 「タクシーを呼ぶ」をタップ
  9. やってきたタクシーに乗って目的地へ

という感じで、直感的に操作できます。あらかじめクレジット情報を入力しておけば、ネット決済を選べます。クーポンを使う時には必須ですし、目的についたら降りるだけで済みます。

キャンセルできるのは、どのタクシーが配車されるのか決まるまでです。おそらく1分しないうちに決まりますので、ある程度しっかり考えてから「タクシーを呼ぶ」をタップすることをおすすめします。

配車が決まったら、やってくるタクシーの

  • 運転手の名前
  • 会社名
  • ナンバープレート

がアプリ内に表示されます。そして、相手ドライバーとコミュニケーションもとれます。あなたの服装などをメッセージで送ったり、電話で会話することもできるのでとても便利です。

そして、配車されたタクシーがマップの範囲内にくると、アプリのマップ画面に表示されます。マップの中の道をタクシーが走ってるのが表示されるはずです。タクシーの乗る位置に来たら、「迎車地点に到着しました」というメッセージが現れますので、タクシーに乗りましょう。

乗る時には運転手からあなたの名前を聞かれます。タクシーを呼んだのがあなただということが確認できれば出発になります。

降りる時には、初めに設定した決済方法でお金を払うことになります。ネット決済でしたらそのまま降りれますし、車内決済でしたら現金やカードで払えば終了です。

割引やクーポンの取得方法

配車アプリMOVには、今まで色々なクーポン、割引がありました。

  • ダウンロード特典500円オフクーポン
  • 0円タクシー
  • インストールありがとうクーポン(500円)
  • 初回限定特別クーポン(500円)
  • 東京サービス開始応援クーポン(500円)
  • エリア拡大記念1500円クーポン

などですが、今は1行目(赤文字)以外はすべて終了しています。1行目の「ダウンロード特典500円オフクーポン」は、MOVアプリの新規ダウンロードでもらえるクーポンです。上でも説明しましたが、そのクーポンはネット決済の時のみ使うことができます。

0円タクシーについては、公式ページでは「COMMING SOON」となっています。公式ニュースでも第二弾を考えてるということなので、時期は未定ですが行われると思います。楽しみにお待ちください。

クーポンは随時新しいものを提供してくれるようなので、0円タクシーの情報と一緒にこちらから最新情報をチェックしてみてください。