一般ナンバーのレンタカー(高級車)を借りる方法と業者比較

仕事でレンタカーを借りるときには、ナンバーが一般ナンバーではなくて「わ」になっていても別段問題ないんですが、プライベートの時には、困ってしまうこともあります。たとえば、

  • デートで使うとき
  • 高級車を借りるとき
  • プレミアムカーを借りるとき

などのシチュエーションです。できれば「わ」ナンバーではなくて一般のひらがなのナンバーのほうがいいですよね。ただ、そう思って探してみても、ほとんど「わ」になっています。

実は、道路運送法で、レンタカーは「わ」か「れ」にするようにと決められていて、そのほかのひらがなは使えないようになっています。

なので、レンタカーで「わ」以外のナンバーの車を探すのは無理なのですが、カーシェアリングの一部には、一般ナンバーのまま借りることができる会社があります。「わ」以外の車をカーシェアリングする方法を紹介します。

レンタカーには「わ」・「れ」ナンバーのみ

ふだん何気なく見ている車のナンバーのひらがな部分ですが、実はそれなりの意味があるんです。しかも、道路運送法で決められてるので、個人で勝手に付け替えることはできません。

というのも、ナンバープレートのひらがなは「用途表示の目的」でつけられてるからです。カンタンに言えば、そのナンバープレートを見るだけでどんな用法の車なのかがわかるというものです。

普通車のナンバープレートのひらがなには、4タイプあります。

  • 事業用 あ~え、か~こ、を
  • 自家用 さ、す~ふ、ほ~ゆ、ら、り、る、ろ
  • 貸し渡用 わ、れ
  • 駐留軍人用車両 よ、アルファベット(E,H,K,M,T,Y)
  • 使われない文字 お、し、へ、ん

になります。軽や小型車、特殊自動車(キャンピングカーなど)は、また別の分け方になっています。

レンタカーは、貸し渡用に区分されますので、ナンバープレートのひらがなは、「わ」か「れ」になります。初めは「わ」だけでしたが、5ナンバーでは空いてるひらがながなくなってきてしまったので、北海道や沖縄などで「れ」が使われ始めています。

ちなみに、「お、し、へ、ん」が使われない理由は、似てる文字があったり、縁起が悪いというイメージがあるからです。

カーシェアリングの種類

レンタカーのナンバーには、「わ」と「れ」しかないということをお分かりになったと思います。では、車を借りるときに「わ」「れ」のナンバーになるのは仕方がないことなのでしょうか。

大丈夫です。実は、一般のナンバーがついてる車を借りることができるんです。

それはカーシェアリングです。カーシェアリングの中の一部の会社で一般ナンバーの車をカーシェアリングできます。

カーシェアリングは、レンタカーと同じような形で、短い時間、車を借りることができるサービスです。カーシェアリングの中に、一般のナンバーをつけた車を借りることができる所があります。

というのは、カーシェアリングにも2種類あるからです。

  1. 会社で買った車をシェアする
  2. 個人の所有する車をシェアする

という形です。

1番は「わ」ナンバーですが、2番は一般ナンバーになります。

会社で購入した車をシェア

1番に当てはまるカーシェアリングは、

  • オリックスカーシェアリング
  • タイムズカーレンタル
  • カレコ・カーシェアリングクラブ

などの大手企業が展開してるものです。

その企業が車を購入して、いろいろな人にシェアさせてるシステムです。ですから、道路運送法上では、その車は「貸し渡用」として見られますので、ナンバーは「わ」か「れ」になっています。

個人の車をシェア

2番の「個人の所有する車をシェアする」というのは、車の所有者はあくまでも個人ですので、「貸し渡用」ではなく「共同使用」になります。あくまでも、個人の所有車を他の個人と共同で使用するというものなので、一般ナンバーのに乗れることになります。

これは、2006年の道路運送法改正によって認められました。

そういうと、

「じゃあ、乗りたい車を乗ってる人を見つけて直接交渉すればいいじゃん?」

って思われるかもしれません。

実際にやってる方もいらっしゃるとは思いますが、探すのにも交渉するのにもとても大変です。時間的にも金額的にもとてもリスキーですし、問題が起きると大きなことになりやすいので、個人間の取引はまずはやらない方がいいと思います。

その個人間のカーシェアリングのサポートをする会社が出てきたんです。

最近では自分の車を貸したいと思ってるひとも増えてきています。あなたも知ってると思いますが、家や部屋をシェアしたり、wifiをシェアしたり、家事をシェアするのが普通になってきています。なかでも、車のシェアはおたがいにとても便利なサービスなので、どんどん増えてきています。

そこに目をつけたいくつかの会社が、車をシェアしたい人とシェアしてもらいたい人をつなげるサービスを開始したんです。

それらの会社は、会社自体では車を持っていません。車をシェアしたい人のデータを持っているんです。いわば、乗りたい車を持ってるひとと、乗りたい人のマッチングサービスというような感じです。

    一般ナンバーの車をカーシェアリングで借りる方法

    個人間の車のカーシェアリングをサポートするサービスを提供してる会社は、

    などです。

    カーシェアリングの方法

    具体的に内容を見ていきます。

    どの会社も大体同じ流れになっています。

    1. 会員登録したりアプリを導入
    2. 乗りたい車を探す
    3. その車のオーナーに予約を入れる
    4. オーナーからの返事が来る
    5. 決済したあと、自動的に保険へ加入
    6. 待ち合わせ場所で車を受け取る
    7. 運転後、待ち合わせ場所で返却

    というかたちです。ほとんど、レンタカーや他の会社経営のカーシェアリングと同じような流れで借りることができます。

    各社の内容の比較

    それぞれのサービスの詳しい内容を表にしました。

    エニカ カフォレ スカイ dカー
    手数料 なし 8%/回 なし
    任意保険 自動 加入必要 自動 自動
    登録車数 4923 1651 157 不明
    高級車 あり あり のみ あり
    コンパクトカー あり あり なし あり
    親会社 DeNA trunk SERIAS ドコモ

    入会金や月会費はどの会社もありませんでした。また、シェア期間はどの会社も1日単位でした。

    エニカ、カフォレ、dカーは高級車からコンパクトカーまでシェアする車がありましたが、スカイカーシェアは、高級車のみのシェアとなっていました。そのせいか、警察官OBが組織するオンリーポリスアソシエーションと顧問契約をされていて、とても安心です。高級車だけに、いろいろな問題があるのかもしれません。

    トータルで考えてみると、気軽にシェアするにはエニカで、高級車をぜひ乗ってみたいと思われてたらスカイカーシェアだと思います。

    まとめ

    ここまで一般のナンバーをつけた車を借りる方法を書いてきましたが、お分かりになってもらえたでしょうか。

    レンタカーや、会社経営のカーシェアリングでは、道路運送法上、その車が「貸し渡用」となるのでナンバーは「わ」か「れ」になってしまいます。

    一般ナンバーを借りたいと思われたら、個人間のカーシェアリングを助けてくれる会社に頼むしかないです。その場合、車は「共同使用」になりますので、一般ナンバーのままあなたが乗ることができます。

    そんな車のマッチングをしてくれる会社は、

    になります。もちろん、今、車を持ってるひとならカーシェアしてお金を稼ぐこともできます。

    これらの会社では、買おうと思ってもカンタンには買えないベンツやロールスロイスの高級車や、スポーツカーなどもシェアもできます。恋人とのデートに使って好感度をあげたり、一度高級車に乗ってみたかったなんていう夢をかなえることができます。1年にそれほど車を運転しなければ、毎回違う高級車をシェアして乗ることも可能です。

    そう考えれば、使い方はいろいろあります。一度試しにカーシェアリングしてみることをお勧めします。

    また、こういった形のカーシェアリングの会社はどんどん増えていくと思います。車を持っていても、持たなくても賢くシェアしていくことが、お金を節約していく方法のひとつではないでしょうか。