【ワンウェイ】乗り捨て可能なレンタカー比較!店舗数の多さも

レンタカーを借りるときに、一番初めに確認するのは、乗り捨て(ワンウェイ)可能かどうかということです。というのも、借りた店舗に返すよりも、

  • 旅行先で借りて、自宅近くの営業所に返す
  • 自宅近くで借りて、空港で乗り捨てる
  • 仕事で広範囲に回ったあとに、別な営業所に返す

という返し方のほうがメチャクチャ都合が良いからです。借りた場所まで戻らずに、必要なくなったら乗り捨て(ワンウェイ)ればいいんです。時間的にもとても節約になって、とても便利だと多くの人に喜ばれています。多くのレンタカー会社で、乗り捨て(ワンウェイ)のサービスを取り入れています。

ちなみに乗り捨て(ワンウェイ)とは、道路などの何もないところに乗り捨てるわけではありません。借りた店舗ではない別な店舗に返すということです。たとえば、北海道の千歳空港まで飛行機で行って、レンタカーで北海道を回った後に、函館空港で返して飛行機に乗って帰ってくるかんじです。

ただ、レンタカー会社によって乗り捨てできる区域が違ったり、料金もさまざまです。各レンタカー会社の乗り捨て(ワンウェイ)のシステムや料金を紹介します。

レンタカー各社の乗り捨て手数料を比較

乗り捨て(ワンウェイ)ができるレンタカー会社

レンタカー会社の大手の中で、乗り捨て(ワンウェイ)ができるところは、

  • トヨタレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • バジェットレンタカー
  • 日産レンタカー
  • タイムズカーレンタル
  • オリックスレンタカー

などがあります。

乗り捨て(ワンウェイ)ができないレンタカー会社

乗り捨て(ワンウェイ)サービスをしていないレンタカーは、

  • 100円レンタカー
  • ワンズレンタカー
  • ニコニコレンタカー
  • Jネットレンタカー

などです。最近の格安レンタカーと言われる会社はやってないことが多いです。

各レンタカー会社の乗り捨て(ワンウェイ)サービス内容と料金

乗り捨て(ワンウェイ)サービスをしてるレンタル会社の、それぞれの内容や料金を紹介します。乗り捨てるときには、車のレンタル料以外に乗り捨て料金を払う必要があります。

トヨタレンタカー

トヨタレンタカーは、北海道から沖縄まで展開してる業界屈指のレンタカー会社です。

基本的な乗り捨て(ワンウェイ)サービスの主な内容は、

  • 同一都府県内の店舗間は無料
  • あらかじめ申し込みが必要
  • 北海道では営業所間の料金がある
  • 乗り捨てできない営業所もある
  • 北海道と北海道以外の間は乗り捨てできない
  • 沖縄県と沖縄県以外の間は乗り捨てできない

という感じです。

北海道を除く、同一都府県内の乗り捨て料金が無料なのがとてもうれしいところです。注意するのは、乗り捨てできない営業所があることです。公式ページで確かめてください。

また、北海道と沖縄では、システムが違います。北海道や沖縄県で借りて本州で返したり、その逆は出来ないということです。

乗り捨て料金は、営業所間の距離や、借りた車によって変わってきます。フィットやノートクラスの車を借りたときの乗り捨て(ワンウェイ)サービスの具体的な料金は、

  • 東京ー神奈川県 2,160円
  • 札幌ー函館 9,720円

になります。借りる車のグレードによっても料金が変わりますので、トヨタレンタカーの公式ページで確かめてみてください。

ニッポンレンタカー

ニッポンレンタカーも北海道から沖縄まで展開してるレンタカー会社です。

基本的な乗り捨て(ワンウェイ)サービスの主な内容は、

  • ニッポンレンタカーが定める同一エリア内の店舗間は無料
  • 渡島、種子島、屋久島、沖縄本島、石垣島、宮古島などの離島営業所への乗り捨ては不可
  • あらかじめ申し込みが必要
  • 乗り捨てできない営業所や車両もある

という感じです。

北海道から本州へ、沖縄から本州へなどの乗り捨て(ワンウェイ)は、ニッポンレンタカーだけが可能になっています。

ただ、同じ県内でもエリアが2,3つに区切られていることが多いですので、ちょっと割高になっています。たとえば、東京23区から23区外の八王子市などの営業所に乗り捨てるときには、1,000円かかります。エリアはニッポンレンタカー公式ページで確認できます。

乗り捨て料金は、営業所間の距離や、借りた車によって変わってきます。フィットやノートクラスの車を借りたときの乗り捨て(ワンウェイ)サービスの具体的な料金は、

  • 東京23区内ー神奈川県横浜駅 5,000円
  • 札幌千歳空港ー函館空港 10,000円

になります。借りる車のグレードによっても料金が変わってきますので、ニッポンレンタカーの公式ページで確かめてみてください。

バジェットレンタカー

バジェットレンタカーは、アメリカのニュージャージー州に本社があるレンタカー会社です。日本国内では、39都道府県に130店舗展開されています。

バジェットレンタカーがない県は、

  • 山形県
  • 群馬県
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 山梨県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県

です。

基本的な乗り捨て(ワンウェイ)サービスの主な内容は、

  • 基本的に同一都府県内の店舗間は無料
  • あらかじめ申し込みが必要
  • 北海道では営業所間の料金がある
  • 乗り捨てできない営業所もある
  • 北海道と北海道以外の間は乗り捨てできない
  • 沖縄県と沖縄県以外の間は乗り捨てできない
  • 沖縄県の中でも乗り捨てできない

という感じです。

トヨタレンタカーと同じように、同一都府県内だと乗り捨て料金が無料なのがとてもうれしいところです。注意するのは、乗り捨てできない営業所があること、沖縄県はすべての営業所で乗り捨てできないことです。公式ページで確かめてください。

また、北海道で借りて本州で返したり、その逆は出来ません。

乗り捨て料金は、営業所間の距離や、借りた車によって変わってきます。フィットやノートクラスの車を借りたときの乗り捨て(ワンウェイ)サービスの具体的な料金は、

  • 東京ー神奈川県 3,000円
  • 北海道千歳ー北海道函館 10,000円

になります。借りる車のグレードによっても料金が変わりますので、バジェットレンタカーの公式ページで確かめてみてください。

日産レンタカー

日産レンタカーは日産の車が借りられるレンタカーで、北海道から沖縄まであります。

基本的な乗り捨て(ワンウェイ)サービスの主な内容は、

  • 基本的に20kmまでの店舗間は無料
  • 50kmまで 4,320円
  • 50~100km 8,640円
  • 以降50kmごとに 4,320円
  • あらかじめ申し込みが必要
  • 乗り捨てできない営業所もある
  • 北海道と北海道以外の間は乗り捨てできない
  • 北海道は別料金体系がある

という感じです。乗り捨て料金は全車種共通です。

借りた店舗から20km以内にある営業所への返却は無料になります。注意するのは、乗り捨てできない営業所があることと、北海道から外に行ったり、中に入ってきて乗り捨てることができないということです。

乗り捨て料金は、営業所間の距離や、借りた車によって変わってきます。フィットやノートクラスの車を借りたときの乗り捨て(ワンウェイ)サービスの具体的な料金は、

  • 東京23区内ー神奈川県横浜駅 4,320円
  • 札幌千歳空港ー函館空港 12,960円

になります。場所ではなくて、距離の違いによる全車種統一の値段です。詳しいことは日産レンタカーの公式ページで確かめてみてください。

タイムズカーレンタル

タイムズカーレンタルの元は、マツダレンタカーです。東京、神奈川ではmエリア限定ですが、ロータス・エリーゼ、ポルシェ・911などの高級スポーツカーをレンタルすることができます。

基本的な乗り捨て(ワンウェイ)サービスの主な内容は、

  • 基本的に20kmまでの店舗間は無料
  • 50kmまで 4,320円
  • 100kmまで 8,640円
  • 150kmまで 12,960円
  • 以降50kmごとに 4,320円
  • あらかじめ申し込みが必要
  • 乗り捨てできない営業所もある
  • 北海道⇔本州の間は乗り捨てできない

という感じです。乗り捨て料金は全車種共通です。

借りた店舗から20km以内にある営業所への返却は無料になります。注意するのは、乗り捨てできない営業所があることと、北海道から外に行ったり、中に入ってきて乗り捨てることができないということです。

乗り捨て料金は、営業所間の距離や、借りた車によって変わってきます。フィットやノートクラスの車を借りたときの乗り捨て(ワンウェイ)サービスの具体的な料金は、

  • 東京23区内ー神奈川県横浜駅 4,320円
  • 札幌千歳空港ー函館空港 9,720円

になります。車種によって料金が変わってきます。詳しいことはタイムズカーレンタルの公式ページで確かめてみてください。

オリックスレンタカー

オリックスカーレンタルは、札幌から沖縄まで展開してるレンタカー会社です。

基本的な乗り捨て(ワンウェイ)サービスの主な内容は、

  • あらかじめ申し込みが必要
  • 乗り捨てできない営業所もある
  • 北海道⇔本州の間は乗り捨てできない
  • 沖縄⇔本州の間は乗り捨てできない

という感じです。乗り捨て料金は区間ごとに決められていて、そのたびに調べないとでてきません。無料区間はわかりませんでした。

乗り捨て料金は、営業所間の距離や、借りた車によって変わってきます。フィットやノートクラスの車を借りたときの乗り捨て(ワンウェイ)サービスの具体的な料金は、

  • 東京23区内ー神奈川県横浜駅 4,320円
  • 札幌千歳空港ー函館空港 10,800円

になります。車種によって料金が変わってきますし、乗り捨て(ワンウェイ)できる営業所はかなり限られてるイメージです。詳しいことはオリックスレンタカーの公式ページで確かめてみてください。

各社の乗り捨て(ワンウェイ)の内容を表でまとめました。

無料 東京ー神奈川 千歳ー函館
トヨタ 同一都府県 2160円 9720円
ニッポン 同一エリア 5000 10000
バジェット 同一都府県 3000 10000
日産 20kmまで 4320 12960
タイムズ 20kmまで 4320 9720
オリックス 4320 10800

コスパとしては、トヨタレンタカーが一番良さそうです。

参考:各レンタカー会社のレンタル料金

ちなみにですが、各レンタカー会社のフィットクラスの車のレンタル料金も調べてみました。6時間と12時間24時間の料金です。会員割引、ネット割引などを使ったオプションなしの最低の金額です。もちろんシーズンによっても変わってきますので、公式ページで確かめてみてください。

6H 12H 24H 東ー神
トヨタ 5400円 5400円 7020円 2160円
ニッポン 5400円 5832円 7128円 5000円
バジェット 4617円 5022円 6075円 3000円
日産 5848円 6463円 7900円 4320円
タイムズ 4233円 5184円 6048円 4320円
オリックス 5940円 6480円 8100円 4320円

「東ー神」は、東京で借りて神奈川県で乗り捨てたときの乗り捨て料金です。

レンタル料金だけを比べると、タイムズカーレンタルが最安値になります。ただ、乗り捨ての料金を加えると、トヨタレンタカーが群を抜いて最安値だと言えます。

レンタカー各社の店舗数

レンタカーを乗り捨て(ワンウェイ)するときに大切なことは、営業所が何箇所くらいあるの?ということです。借りる場所に営業所があっても、乗り捨てたい地域に営業所がなければ話になりません。

基本的に、営業所の数が多ければ多いほど、乗り捨てできる確率は高くなります。

各レンタカー会社の店舗数を紹介します。

営業所数 都道府県数
トヨタ 1200店舗 すべて
ニッポン 435店舗 45
バジェット 130店舗 39
日産 360店舗 すべて
タイムズ 406店舗 すべて
オリックス 1055店舗 すべて

ニッポンレンタカーがない県は、

  • 三重県
  • 奈良県

バジェットレンタカーがない県は、

  • 山形県
  • 茨城県
  • 埼玉県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 鳥取県

になります。

トヨタレンタカー、日産レンタカー、タイムズカーレンタル、オリックスレンタカーは全都道府県にありました。

乗り捨て(ワンウェイ)可能なレンタカーのナンバー1はトヨタレンタカー

乗り捨て(ワンウェイ)可能なレンタカーの会社とその内容、料金を紹介してきました。お分かりになってもらえたでしょうか。

乗り捨てるときに気をつける大切なポイントは、

  • 料金
  • 営業所の場所

の2点です。

料金が安い方がいいのは当たり前ですが、それよりも大切なのが、乗り捨てたい場所にそのレンタカーの営業所があるかどうかです。

乗り捨てたい場所にそのレンタカーの営業所がなければどうしようもありません。なければ、ほかのレンタカー会社を調べて、乗り捨てたい場所に営業所があるレンタカー会社を探すしかありません。

上に紹介した乗り捨てできるレンタカー会社では、それぞれのトップページに検索できるボックスがありますので、検索してみましょう。

もしくは、「レンタカー会社名+地域名」で検索するとすぐにわかります。

トヨタレンタカーは、上で紹介してきたように、

  • 同一都道府県 無料
  • 一番安い
  • 全国に1200店舗もある

です。料金が安くて、乗り捨てたい場所に営業所がある確率が一番高いです。乗り捨てできるレンタカーの中で、トヨタレンタカーがコスパも便利さも一番だと私は考えています。しかも、日本のトップ企業のトヨタの系列会社ですので、安心してレンタルすることもできます。

あなたが何かの理由でレンタカーをお探ししているのでしたら、まずは、トヨタレンタカーのトップページで、レンタルしたい車について検索してみることをお勧めします。

トヨタレンタカー