【国産・輸入】高級車をカーリースできるサービス一覧!経費や節税効果も

街で高級車やかっこいい外車を見ると、

  • 憧れの高級車に乗りたい
  • スポーツカーで風を切って走りたい
  • ポルシェやレクサスに乗りたい

って、どうしても思ってしまいます。わたしはポルシェが好きなのですが、どうしても乗りたくなって過去に1度だけレンタカーで乗ったことがあります。そのときは念願の夢がかなってとっても興奮しました。

あなたにも憧れの乗ってみたい車があるはずです。

実は、最近増えてきた個人カーリースを使うと、ローンを組むイメージで憧れの高級車にも乗れるようになってきました。カーリースっていうと法人のためのものというイメージがありますが、個人でも、メンテナンス代や保険料、自動車税などがコミコミの値段で高級車を利用できます。

月額が定額で、しかもローンとそれほど変わらないことから、カーリースを使って高級車を乗りかえてる人が増えてきています。そこで、高級車をカーリースする方法や節税効果などを説明します。

高級車をカーリースできる会社一覧

個人向けのカーリースを提供する会社がだいぶ増えてきました。その中で、高級車をカーリースできる会社をピックアップします。

国産の高級車をカーリースできる会社

国産車をカーリースできる会社は沢山ありますが、その中で高級車をカーリースできるできる会社は半分くらいになります。

などです。

オリックスのカーリース・オンラインは国産車だったら全車カーリースできますし、中古車もありますので、まずはこちらに行かれてみることをお勧めします。

コスモスマートビークルは、コスモ石油の関連会社で、燃料代が割り引かれます。取り扱い車種は、わたしが見たところ、エルグランドとハリアーだけでした。

カルモは、オリックス自動車と提携してる会社で、カーリースできる車種もずば抜けて多いです。

コアラクラブは、各地の代理店と提携しているマッチングサービスのようなものです。

Jリースは、どこよりもお得な新車リース販売をしてる会社です。あなたが乗りたい車をリクエストして、リースの見積もりを取ることができます。

トヨタ、日産、ホンダでは、自社の車をリースしています。むかしはサクシードやハイエースなどの商用車だけでしたが、いまではクラウンとかフェアレディZなどの高級車を個人向けにカーリースしています。

料金については、メンテナンス代、走行距離、残価設定などが各社違ってきますので、それぞれ見積もりをとってみてください。

輸入の高級車をカーリースできる会社

輸入車をカーリースできる会社は、

などです。カーセンサーなどでも少量ですが輸入車のカーリースがありました。

リースナブルとNORELでは料金表示がありましたので、ご覧になってみてください。リースナブルは新車リースです。NORELはガリバーの運営会社で、BMWとMINIは新車、他の輸入車は中古車でリースができます。

リースナブルとNOREL以外の多くのサイトでは、見積もりや販売店に行って直接相談することが必要だということです。

カーリースとカーローンの違い

車を買うときに、いちばんお金がかからないのが一括購入です。現金ではらえば、余計な手数料、金利などがいっさいかかりませんので、金額的にはいちばんお得になります。

とはいえ、一括で払うとなると、それだけの金額を用意しないといけないですからちょっと厳しくなります。

そんなときに便利なのが、カーリースとカーローンです。どちらも、月払いで少しずつ払っていけばいいですから、家系的にとても楽に車に乗ることができます。

では、カーリースとカーローンの違いは何でしょうか。

カーローンは、お金を銀行やローン会社に借りて分割で支払って車を買うことです。車のお金を毎月返すだけですので、車検やメンテナンスなどはいっさいあなたが面倒を見ないといけません。

カーリースは、カーリース会社が持ってる車を借りるということです。つまり、お金を払い続けてもその車はあなたのものにはなりません。賃貸マンションやアパートと同じイメージです。リース会社が設定した金額で車をかりるということです。

なので、その金額の中には、メンテナンス代や車検費用、自動車税、保険などがふくまれてるところが多いです。毎月、同じ金額を払うことで、契約期間中は消耗品以外にお金を払わずに使い続けることができるということです。

高級車をカーリースするメリット

カーリースとカーローンの違いが分かると、カーリースのメリットが良くわかります。メリットとしては、

  • 初期費用(頭金)がいらない
  • 月額定額なので家計が安定
  • 残価設定で手軽な金額になる
  • 車の乗り換えが楽
  • メンテナンスをリース会社にまかせられる
  • 法人や個人事業主には節税効果がある

などがあります。

初期費用(頭金)がいらない

カーリースは、ローンではないので頭金がいりません。頭金ゼロでもリースの審査に通れば、すぐに車が手元に来て使うことができます。

「まずは○○万円ためて、あの車を買おう」と考えなくてもいいですから、家計的にとても楽です。それはカーリースがあくまでも車を借りてるものだからです。アパートのようにいくら払っても自分のものにはならないですし、いずれは返さないといけないと思ってキレイに使うことがたいせつです。

月額定額なので家計が安定

車を持っていればわかりますが、車の維持費ってかなりかかります。具体的には、

  1. 自動車税(購入時)
  2. 自動車重量税(車検時)
  3. 自賠責保険(車検時)
  4. 印紙代(車検時)
  5. 車検時整備費用
  6. 法定点検費
  7. 任意保険
  8. ガソリン代
  9. 駐車場代

などです。ガソリン代や駐車場代は毎月来るのである程度予測できますが、2年に一度の車検はバカになりません。法定点検も半年に1度とか1年に1度やってきます。

カーリースでは、5番の車検時整備費用までの費用がリース代に組み込まれてるところが多いです。つまり、毎月の支払いとボーナス時支払を除けば、ガソリンと駐車場代くらいしかかからないことになります。月額はローンよりも多くなりますが、カーリースの方が平均して払ってるぶん、家計的にやりやすくなるということです。

残価設定でローンよりも手軽な金額になる

残価設定ローンも最近出てきましたが、カーリースでは、残価が必ず設定されます。

残価というのは、残存価値の略で、リース契約満了時にどのくらいの価値がその車に残ってるのかというものです。

例えば、5年リースの場合、新車で500万円の車なら15年後に100万円位で中古車で売れるという価値です。カーリースの場合、その残価を差し引いてリース料を決めます。500万円の車で残価が100万円なら、400万円+メンテナンス代でリース料を決定するということです。

ですから、500万円でローンを組むよりも毎月の支払い金額が安くなるし、メンテナンス代も別に払わないといけないということです。

残価を高く設定しておけば、毎月の支払金額は減ります。

500万円の新車の残価を200万円にすると、300万円+メンテナンス代でリース料金が決まるので、毎月の支払いは低くなります。残価をゼロにすると、500万円+メンテナンス代になるので、毎月の支払いは高くなります。

ただ、残価の設定には、

  • オープンエンド
  • クローズドエンド

という二つのタイプがあります。

オープンエンドとクローズドエンドとは?

オープンエンドはあなたが残価設定できる方式です。毎月の支払いを低くするために残価を高めにあなたが設定することができるということです。

ただ、リース契約満了時には、その残価を清算する責任があなたに生じます。つまり、残価よりも価値が少なくなっていたらその時点で差額を払わないといけないということです。その場合には、

  • お金を清算して契約を終了する
  • 再リースする
  • 残価全体を払って買い取る

という3つの選択肢があります。もしも、残価よりも価値が高かったら、差額をもらって契約終了することができます。

クローズドエンドは残価設定をリース会社で決める方式です。残価を清算する責任はリース会社にあります。なので、クローズドエンドはリース契約満了後に支払う必要はありません。その分、リース会社もリスクを抑えるために低めに設定しています。ただ、毎月の支払いは高めになります。リース契約満了時には、

  • そのまま返却
  • 再リース

の二つの選択肢になります。そして、一般的には残価を払ってその車を買い取るということはできません。

まとめると、毎月の支払いにはオープンエンドが有利で、契約満了時にはクローズドエンドが有利だということです。なので、それぞれに向いてるのは、

  • オープンエンド 車をていねいに乗り続けられる人
  • クローズドエンド リスクを避けたい人

だといえます。どちらがいいのかを考えてカーリース会社を選びましょう。

車の乗り換えが楽

カーリースのメリットとしては、車の乗り換えがとても楽になるということがあげられます。カーリースの契約満了時には、

  • 契約を終了する
  • 再リースする

という二つになります。契約を終了するというのは、車を返却するということです。所有者がカーリース会社ですので、面倒な手続きはありませんし、下取りをかんがえずに済みます。新しい車に乗り換えたいと思えば、同じようにリース契約をすれば、すぐに乗ることができます。

それは所有権があなたにないからです。所有権を持っていたら、下取り、名義変更、新車購入、ローン契約などをしなくてはいけないので、とても面倒くさいです。

レンタル感覚で車を乗り換えることができますので、カーリースはとてもおすすめです。

メンテナンスをリース会社にまかせられる

メンテナンス費用がリース代に含まれてるところが多いです。

  • オイル交換
  • タイヤ交換
  • バッテリー交換
  • ブレーキパッド交換
  • ワイパーゴム交換
  • ブレーキオイル交換
  • Vベルト交換

など、車検時に消耗品として部品代が必要なものも含まれてる会社もあります。それぞれの会社の特徴をよく調べて契約することをお勧めします。

法人や個人事業主には節税効果がある

個人に関しては、節税効果はありません。法人と個人事業主の場合、リース料が経費として認められていますので、とても節税効果があります。下で詳しく説明します。

高級車をカーリースするデメリット

カーリースのデメリットとしては、

  • トータル金額は高い
  • 契約終了時には原状復帰が必要
  • 走行距離に注意

などです。

トータル金額は高くなる可能性もあり

おなじ車をずっと乗り続けていくことを考えると、トータル的には高くなる可能性もあります。

理由は、ローンは車体金額に対する金利しかつきませんが、カーリースでは、

  • 車体金額
  • メンテナンス代
  • 自動車税
  • 保険

など全部に金利が上乗せされるからです。また、契約終了時には、残価よりも価値が下がっていたら清算しなくてはいけません。ただ、ていねいに乗り続けることと、新しい車に次々と乗り換えていくことで、安くなる可能性もあります。

おなじ車に乗り続ける場合、ローンでしたら支払いが終わればそれ以上お金を払わなくても乗れますが、カーリースの場合には再リースが必要になります。その契約次第ですが、単純に考えてメンテナンスの金利分がローンよりも高くなります。

契約終了時には原状復帰が必要

契約終了時には、最初と同じ状態にすることが基本になります。マンションやアパートとおなじです。少しでも傷がついていたり、汚れていたら価値が下がります。マンションやアパートの場合は、初めに払った敷金から引かれますが、カーリースの場合はありませんので、支払わないといけないんです。

もちろん、初めについていたナビやオーディオシステムを変えたり、改造することはいっさい認められていません。やってしまった場合には、違約金をとられることもあります。

走行距離に注意

カーリースの場合、契約する時にリース期間の走行距離を決定します。月間500kmとか1000kmといった感じです。もしも超えてしまったときには、距離に応じてお金を払うこともあります。

あらかじめどのくらい乗るのかをしっかり計算しておきましょう。

個人事業主や法人のカーリースは圧倒的な節税効果!

個人事業主や法人では、カーリースすることで圧倒的な節税効果を望めます。理由は、

  • リース料金を全額経費にできる
  • 会計処理がカンタン

という二つのポイントです。

車を買うときには、一括購入とローンがあります。

一括購入の場合、

  • 6年間の減価償却
  • 資産計上が必要
  • まとまった金額が必要

といったわずらわしい会計処理が必要になります。一気にお金が出ていくのに、経費としては6年間かけて償却しないといけないんです。もちろん、翌年からは経費は維持費だけになります。

ローンの場合、

  • 経費にできるのは金利だけ
  • 会計処理が複雑

になります。金利だけしか経費として認められませんが、会計処理はとても複雑になります。個人事業主で自分で会計処理をするのはちょっと大変です。

もちろん、自動車税、保険料、車検代などこまかい会計処理も必要になってきます。

カーリースの場合は、リース料が経費として認められていますし、会計項目がリース料の1行で済みますのでとても楽です。おなじお金を払うのでしたら、なるべく経費としてあげることで節税効果が高くなります。

高級車をカーリースするには?

高級車をカーリースする方法を説明してきましたが、お分かりになってもらえたでしょうか。

憧れのあの車に乗りたい、一度は高級車に乗りたいと思われたら、カーリースを考えてみることをお勧めします。

カーリースには、残価設定というものがあって、残価を高く設定しておくことで毎月のリース料をおさえることができます。それによって、今までは手の届かなかったような憧れの高級車に乗ることができます。

さらに、カーリースはメンテナンス代がコミコミのところが多いですので、とてもお得です。

最後に、高級車を効果的にカーリースする方法を紹介します。単純に高級車に乗りたいと思っていても、あなたの思いにマッチするリース車とは出会えません。まずはこの順番で探していきましょう。

  1. 乗りたい車を決める
  2. 毎月の支払い可能金額を決める
  3. カーリース会社を一つずつみていく
  4. 条件を書きだして表にする
  5. 一番良い条件のカーリース会社に見積もりを頼む

という流れになります。

まずは、どの車に乗りたいのかを決めましょう。外車だったら何でもいいとか、ミニバンだったら何でもいいという感じでも大丈夫です。まずは、目標を決めましょう。

その上で、毎月の支払いをどのくらいまで出せるのかを考えます。そこには、

  • リース代
  • ガソリン代
  • 駐車場代

等もふくみます。

そのうえで、上にあげたカーリース各社のサイトで、お目当ての車をリースできるのかを探します。

リースできる会社があったら、表示されてる各項目をチェックして書き出しておきます。

  • 金額
  • 残価設定
  • メンテナンス
  • 契約終了後の車の扱い

などです。それを1社ずつみていって表にまとめましょう。

もしも、なにも書かれていなかったり、見積もり依頼のページがあったら、あなたの要望を入力して見積もり依頼をすることです。

そこまでできたら、どの会社のリースが一番良いのかわかるはずです。最終的に1社に絞ったら、見積もりしたり、相手側に連絡をしていけば、あなたが望んだ車に乗ることができるはずです。

あとは、どれだけ大切に乗るかにかかってきます。あくまでもレンタルして乗ってるということを頭の隅に置いて毎日運転していきましょう。