キャンピングカーって、どこでも宿泊できてとても便利ですよね。でも、逆に一番困るのが停める場所です。

  • 普通の駐車場には入れない
  • 立体駐車場は無理
  • 一時休憩はいいけど車中泊は不可

といったもの…。

というのも、基本的に、道の駅や公園、施設の駐車場、コンビニの駐車場では車中泊は禁じられてるからです。もちろん、路駐は絶体ダメですし、駐車場ではない私有地に止めるなんてのはもってのほかです。

そこで、これからキャンピングカーを買おう!と思ってる方や、キャンピングカー初心者のためにキャンピングカーの駐車場の探し方をわかりやすく説明していきます。

基本的な駐車場の探し方は3種類

キャンピングカーで入れる駐車場の探し方は、基本的には3種類です。

  1. ネットで検索
  2. 不動産に聞く
  3. 自分の目で

これは、旅行に行く時でも自宅の近くの駐車場を探す時でも同じです。探す時間を節約するためには、この順番で調べていくことと、リストアップしたらすぐに電話で相手方に詳細を聞くことです。

わかりやすくひとつずつ説明していきます。

まずはネットで検索

何はともあれ、ネットで検索しましょう。検索方法は、

  • キャンピングカー+駐車場+旅行先の地名」で検索
  • キャンピングカーの駐車場について書かれたブログを見る
  • RVパークを調べる
  • 駐車場検索サイトで調べる
  • グーグルマップなどで調べる

などになります。

「キャンピングカー+駐車場+旅行先の地名」で検索

一番手っ取り早いのは、グーグルやヤフーで「キャンピングカー+駐車場+旅行先の地名」と打ち込んで検索することです。旅行でなければ、あなたの住んでる地域名でOKです。

駐車場検索サイトやキャンピングカーの旅行日記、駐車場の見つけ方ブログなど、色々なサイトが出てきます。それを一つずつ読んでいって、駐車場名と連絡先、住所などを抜き出しましょう。

5,6件たまったら、まずはグーグルマップなどである場所を確認してから、該当する駐車場に直接電話連絡します。

旅行の場合、あなたのキャンピングカーの

  • 車幅
  • 車長
  • 車高

などを告げてから宿泊できるかを聞きます。もしもOKが出たら

  • 時間
  • 金額
  • 利用規則

などを確認して、納得出来たら予約を入れておけば駐車場の確保は完了です。宿泊ではなく、昼間だけの予約っていうのもできますので、まずは連絡を入れてみることです。

旅行ではなくて、いつも停める駐車場を探してるのでしたら、同じようにあなたのキャンピングカーの

  • 車幅
  • 車長
  • 車高

などを告げてから月極めの駐車場として営業してるかと、現在空いてるかを聞きます。もしもOKが出たら

  • 金額
  • 利用規則

などを聞いてから契約に進めばOKです。

キャンピングカーの駐車場について書かれたブログを見る

ネットで検索してると、駐車場の探し方とかに関係なく、キャンピングカーで旅行した日記などのブログがアップされてることがあります。

又は、

  • キャンピングカー+旅行+旅行先の地名

で検索すると、旅行ブログが多く出てきます。それを一つずつ読んでいくと、キャンピングカーが利用してる駐車場が書かれています。

それを抜き出してある程度たまったら、同じように場所を確認してから駐車場に連絡すれば比較的短時間で駐車場を探すことができます。

RVパークを調べる

日本RV協会が作ってる「くるま旅」というサイトがあります。日本RV協会は、キャンピングカーの普及促進に向けて設立された一般社団法人で、キャンピングカービルダー、ディーラーで結成されている業界団体です。

くるま旅のサイトは、

  • RVパーク
  • 湯YOUパーク
  • くるま旅パーク

など、車中泊ができる場所を紹介しています。

もちろん、有料ですが、電源設備、ごみ処理施設、入浴施設などがあるところもあります。基本的に、駐車場で車中泊が認められている場所です。ただ、オートキャンプ場ではないですからバーベキューなどはできません。

これからどんどん増えていくと思いますので、有名な観光地に行くのでしたら、まずは「くるま旅」のサイトにアクセスして、駐車場があるかどうか確かめてみるのが一番だと思います。

駐車場検索サイトで調べる

ネットの中には、駐車場検索サイトというものがあります。車中泊向けの駐車場もあれば、普通の時間借りの駐車場、月極めの駐車場の検索サイトがあります。

条件を指定できるものもありますので、ひとつずつ試していくことをお勧めします。上から4つは日時指定、5番目からは月極めです。

それぞれ連絡して、車中泊が可能かどうかとか、キャンピングカー可能なのかなどを確かめてください。

グーグルマップなどで調べる

グーグルマップやヤフーマップでは、マップを表示した後に駐車場をポイントすることができます。そこには連絡先も書かれていますので、直接電話して確かめてみましょう。聞く内容は、上にも書きましたが、

  • キャンピングカー可能か?
  • 車幅・車長・車高
  • 時間
  • 金額
  • 利用規則

などです。

不動産にも駐車場の賃貸情報があります

不動産屋さんにも駐車場情報があります。ただし、これは旅行ではなくていつも止めるための駐車場探しになります。

まずは不動産屋さんに連絡しますが、あなたの家の近くの不動産屋さんでも良いですし、同じ町のなかの不動産屋さんでも大丈夫です。

近くになくてよくわからなければ、

  • あなたがお住まいの地域名+不動産屋+駐車場

で検索すれば出てくるはずです。連絡先ももちろん書かれていますので、キャンピングカーの駐車場を探してると相談してみてください。月極め駐車場を探すのは、これが一番早いかもしれません。

最後は歩いて自分の目で探しましょう

いつも停める月極めの駐車場探しの時だけですが、上の方法を試してもなかなか見つからない時は、最終的にあなたの足と目で探しましょう。

ただし、旅行先の駐車場はダメです。必ず見つけてから旅行に行きましょう。

あなたが毎日通る道などで、キャンピングカーなどの大きな車がないかどうかをいつも気にかけることです。いつも停めている車があるのでしたら、おそらくキャンピングカーOKの月極め駐車場です。どこかに連絡先が書いてあるはずなので、すぐに連絡して空いてるかどうかを確かめましょう。

または、あなたのキャンピングカーがバンコンタイプで、それほど大きな車でなければ、近所にある普通の月極め駐車場に頼んでみるのも手です。他の車にそれほど影響が出ないような大きさでしたらキャンピングカーでも認めてくれるかもしれません。

まずは、足と目を使って大きな車が停まっている駐車場を探すことが大切です。

見つけた駐車場にまずは連絡を。

あなたのキャンピングカーが停められる駐車場が見つかったら、すぐに連絡することです。

これは旅行先の駐車場でも月極め駐車場でも同じことです。旅行に行ったり、キャンピングカーを購入するのが半年先だからといってそのまま置いておいたら、埋まってしまうこともあります。

埋まってしまったらどうしようもできませんので、まずはすぐに連絡して、空いてるかどうかを確かめましょう。

なによりも優先順位が高いのが、駐車場があるのか、空いてるのかどうかになります。それが確保されないことには、旅行もできませんしキャンピングカーを購入することもできません。

探すタイミングは購入の前

旅行なら、空いてる駐車場がなくても何とかなります。最悪、夜中に高速のパーキングに入って仮眠してから再び行動すればいいんです。

基本的に、道の駅、高速のPAやSA、公共施設の駐車場、商業施設の駐車場などは車中泊は不可になります。もちろん、車中泊をせずとも、夕食時にバーベキューをしたり大騒ぎするのはNGです。一部の愚かなキャンカーたちによってキャンカーの評判が落ちていますので、そういったことは絶対にしないようにしましょう。

必要最小限の仮眠だけでしたら認められていますので、道の駅や高速のPA・SAで仮眠をとりながら旅行を続けることはできます。

ただ、あなたの家にキャンピングカーを止めれる駐車場がない場合、駐車場を見つけるまでは、当たり前ですが購入を控えた方がいいです。

というか、キャンピングカーを欲しいな~と思われたら、車種や金額を見る前に、まずは駐車場があるかどうかを探してみることをお勧めします。

どんなに離れた駐車場でもいいとか、どんなに高くてもいいと思われていたら別ですが、バンコンの場合は普段使いもするでしょうし、なるべく安くて使いやすい駐車場がいいとおもうのが普通です。

なので、駐車場がなければ話になりません。月極めで借りられる使いやすい駐車場を見つけてから、キャンピングカーの車種や大きさ、金額などを調べていくことをお勧めします。

選ぶ条件は広さ・環境・金額の順番で!

駐車場を選ぶ条件には3つあります。

  1. 広さ
  2. 環境
  3. 金額

優先順位は番号順になります。

1.駐車場の広さ

何はともあれ、旅行先の駐車場でも月極め駐車場でも一番大切なのが広さになります

当たり前ですが、狭いと入りませんし、万が一、入れてる途中でどうしようもなくなったら自分の車や相手の車、壁などを壊してしまうことになります。せっかく楽しみにしていた旅行が旅行先について駐車するだけでパーになってしまいます。

月極め駐車場でも同じです。駐車するのに毎回30分かかっていたら嫌になりますし、キズもつくはずです。

なので、駐車場選びに一番大切なのは、広さになります。そのために覚えておかないといけないのが、あなたのキャンピングカーの

  • 車幅
  • 車長
  • 車高

です。車検証に書かれていますので、紙に控えてどこかに貼っておくことです。

特に大切なのは、車高です。立体駐車場の場合、入り口に「○.○mまで」と書かれていることが多いです。車高を改造してる場合、バンコンでもギリギリは入れない所がありますので、注意が必要です。

また、車長と車幅も大切です。あなたが良く見るヤマトや佐川の宅配便のトラックは、

  • 全長 4.7m
  • 全幅 1.7m

程度のものが多いです。おそらく、あなたのキャンピングカーも似たサイズではないでしょうか。あのサイズのトラックを運転すると考えてみてください。あのトラックを、狭い駐車場の中での取り扱うのはかなり難しいというのはお分かりになるはずです。

普段運転するならまだしも、週末や長期休暇のときだけに運転するなら、なおさら広めの駐車場を借りることをお勧めします。

2.駐車場の環境

広さの次に考えないといけないのは駐車場の環境ですが、これは月極め駐車場の場合です。

駐車場の環境とは、

  • 屋外なのか屋内なのか?
  • 生活道路に面してるか?
  • あなたの家から近いのか?

ということです。

どういうことかというと、屋外で生活道路に面してると車が汚れてしまうと言うことです。1日だけなら洗えば済みますが、半年、1年とつづくとさびや塗装のはがれ、雨漏りといった経年劣化の進み方が早くなります。

考えてもらえればわかりますが、誇りやゴミがない屋内の人の出入りが少ない駐車場に放っておいたばあい、1年経っても新車と変わりないんじゃないでしょうか。

最近では、PM2.5とか酸性雨、排気ガスなどで雨による劣化が激しいです。その分、お金がかかりますので、なるべく屋外ではなくて生活道路に面していない駐車場を探すことをお勧めします。

さらに、あなたの家の近くにあるかどうかも大切なポイントになります。近くにあればストレスなく乗れますが、遠くにあると、乗ること自体にストレスを感じてしまって、だんだんキャンピングカーが嫌いになってしまうかもしれません。

できれば、家の前におけるスペースがあればいいのですが、なければなるべく近くの駐車場を探すことをお勧めします。

3.駐車場の金額

最後に考える条件が金額です。一番初めから安いところを探してもなかなかうまくいかないはずです。やはりキャンピングカーの駐車場は少ないからです。

普通車の駐車場を探すのでしたら、いちばん初めに考えるのは金額ですが、キャンピングカーの駐車場選びは、金額は最後です。まずは広い駐車場で環境がいい駐車場があるかどうかを探してから金額を見た方がいいと思います。

そして、多少高くても目をつぶって条件に合った駐車場を借りることをお勧めします。

キャンピングカーの駐車場はネット・不動産屋・自分の目で探しましょう

キャンピングカーの駐車場の探し方を紹介してきましたがお分かりになってもらえたでしょうか。

いちばんの基本は、

  1. ネットで検索
  2. 不動産に聞く
  3. 自分の目で

です。

今の時代、ネットには多くの情報が出ていますので、まずはそれを確かめましょう。

そして、旅行の行先が決まったり、キャンピングカーの購入が決まったら、なるべく早く駐車場の探すことがとても大切になってきます。

というか、順番を逆にしても良いかもしれません。

旅行なら、まずは、行きたい旅行先に駐車場があるのかどうかを探してから旅行に行くかどうかを決めるって感じです。

いつもおいておく駐車場でしたら、あなたのお住まいの近くにキャンピングカーを止めれる月極め駐車場があるかどうかを確かめてからキャンピングカーを買うかどうかを考え始めるってことです。

買ったはいいけども止めておく場所がなければ洒落になりませんから。

そして駐車場選びのポイントは、

  1. 広さ
  2. 環境
  3. 金額

の順番です。そもそもキャンピングカーの駐車場は少ないですから、金額は二の次です。あなたが十二分に止めれるような広さの駐車場があるかどうかをまずは探すことです。

そしてぴったりの駐車場があったら、ちゅうちょせずにすぐに連絡して開いてるかどうかを確かめましょう。旅行先の駐車場も同じです。なるべく早く予約しないと、有名観光地でしたらすぐに埋まってしまうことも良くあります。

なので、もう一度言いますが、キャンピングカーでの旅行や購入で一番大切なのが、駐車場探しになります。まずは駐車場を確保するということを憶えておきましょう。