車を運転していてもしもの事態には、自動車保険(任意保険)が大切になってきます。

どの車にも強制保険の自賠責保険がついてるのですが、保証が3000万円までしかないので、無制限の保証をしてくれる任意保険が絶対的に必要になってきます。

ただ、車を友人や知人から譲り受けて、その人の名義、つまり他人の名義になってるとあなたの名前で自動車保険(任意保険)には入ることはできません

そういった場合でどうしても運転しなければいけないという方は、1日保険とかドライバー保険に入ることになります。

このページでは自動車保険(任意保険)にはいるとき知っておきたい名義のことや、ドライバー保険について説明します。

他人名義の車では自動車保険に加入できない!

自動車保険でよく使われてる名義には3種類あります。

  • 契約者
  • 記名被保険者(主に運転される方)
  • 所有者

ひとつずつかんたんに説明します。

契約者

契約者とは、その自動車保険(任意保険)を申し込んで、保険料を払う方です。

記名被保険者(主に運転される方)

その車を主に運転される方を記名被保険者と呼びます。

契約者と違っていても大丈夫ですが、契約する際には決めておく必要があります。また、契約者との関係は、

  • 契約者本人
  • 契約者の配偶者
  • 契約者または配偶者の親族

といった感じで、記名被保険者になれる方はそれぞれの保険会社によって規定されています。中には、同居してる親族でないとダメだという会社もありますし、別居していても未婚の子供ならOKという会社もあります。

契約する前には、その部分をしっかり確かめておきましょう。

所有者

所有者とは車の持ち主で、車検証の所有者の欄に名前が書かれてる方です。

こちらも記名被保険者と同じで、契約者との関係が

  • 契約者本人
  • 契約者の配偶者
  • 契約者または配偶者の親族

などの場合だけとか、保険会社によって決められています。

ただ、ディーラーのローンで買っていたり、リースの場合は車検証の所有者の欄がその会社の名前になってるはずです。その場合は所有権留保という状態になっていて、車検証の使用者の欄に書かれてる人が所有者としてみなされます。

自動車保険(任意保険)を申しこむには?

自動車保険(任意保険)を申し込むには、上で説明したとおり契約者と記名被保険者(いつも乗るひと)と所有者の関係が、

  • 記名被保険者 本人、配偶者、親族
  • 所有者 本人、配偶者、親族

の場合だけに限られます。

つまり、親族ではない他人名義の車は、自動車保険(任意保険)を契約できないということです。

具体的には、

  • 友人などからゆずってもらって、まだ名義変更がすんでない
  • 友人から長期間借りて乗る

などの場合は、自動車保険(任意保険)を契約できません。万が一、事故が起きたら補償が自賠責のものしかありませんので、なるべくはやく名義変更して自動車保険(任意保険)に入るか、乗らないようにしましょう。

とはいえ、免許証をもっていて、ときどき車を借りて乗らなければならないっていうときにはどうすればいいのでしょうか。

他人名義の車を運転するときの自動車保険

免許証を持っていて自分の車がない方でも、ちゃんと保険をかけて他人名義の車を乗ることができます。

その保険とは、1日保険ドライバー保険のふたつです。

1日保険

1日保険は、セブンイレブンなどのコンビニで買える保険で、文字通り、乗る日だけの超短期的な保険です。1日あたり500円とか買えますので、1日とか1週間だけ保険をかけて乗ろうとおもってるひとに最適です。

たとえば、セブンイレブンでは三井住友海上の1DAY保険、ローソンとミニストップでは東京海上日動火災保険のちょいのり保険を購入できます。

ネットから予約もできますし、コンビニ店舗内でも買うことができます。普通の自動車保険(任意保険)のように、対人、対物、搭乗者、自損などを選ぶことができます。

詳しくは、「1日保険」で検索してみてください。

ドライバー保険

ドライバー保険は、車ではなくて人にかける保険です。ほとんどの会社で取り扱っていて、1年の契約期間が多いです。

人にかけるというのは、あなたがどんな車に乗っていても補償をしてくれるという保険です。

ドライバー保険は、等級や21歳以上か21歳未満かという年齢で保険料が変わってきます。1ヵ月に1回とかそれ以上に頻繁に他人名義の車を運転するということでしたら、ドライバー保険のほうが向いています。

■参考⇒ドライバー保険比較!料金・掛け捨て型・一括払い可能などで

自動車保険とドライバー保険の違い

自動車保険(任意保険)とドライバー保険は、同じ1年間の自動車保険ですが、違いがあります。

  • 等級の引継ぎができない
  • 車両補償などがない

それぞれ簡単に説明します。

等級の引継ぎができない

自動車保険(任意保険)とおなじように、ドライバー保険にも、等級制度があります。くわしくはそれぞれの保険会社のHPをみてもらえればわかりますが、等級によって料金が変わってくることがおおいです。

この等級は、自動車保険(任意保険)と共有はできず、それぞれ別々の等級になります。

車両補償などがない

自動車保険(任意保険)には、

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害補償保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険

の7種類が基本的についています。もちろん、いらなければはずすこともできます。

ですが、ドライバー保険は、

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害補償保険

の3つに絞ってる会社が多いです。

つまり、車両保険などはつけることができませんので、万が一事故を起こした時に、あなたが乗っていた車を直す費用が高額になってしまう可能性があります。

他人名義の車には任意保険はかけられない

他人名義の車に保険をかけられるのかどうかを説明してきました。

一般的な自動車保険(任意保険)は、他人名義の車にはかけることはできません。

友人などから譲ってもらった場合、なるべくはやく名義変更して自動車保険(任意保険)をかけることをお勧めします。

また、頻繁に他人名義の車を乗る場合、ドライバー保険という乗るひとにかける保険もありますし、1日とか1週間の短期的な保険もあります。

あなたがその車をお使いになる方法に合わせた保険をお選びください。